戦いの歌

 前々から思ってたのだけど、なんだか当たり前な話題の気がしてハッキリと主張するのを忘れてたことを言います。

 戦いの歌は、どう考えても他のスキルに比べて強すぎる。

 戦いの歌の効果は、攻撃・防御・知性・精神・器用さが+18されるのが、4行動分。
 しかし、その上に存在する剛力の賛歌などの賛歌類の効果は、一つの能力に+10が、3行動分だけ。しかも、戦いの歌はCP1でいいのに、賛歌はCP2いるのです。これは明らかな下位互換です。戦いの歌だけじゃ足りないんだったら使えよ、といった態度でしょうか。使うとしてもメインは戦いの歌。攻撃~器用が上がる賛歌は、戦いの歌のおまけと化しているのです。

 プロテクションは防御は+20で、効果時間:三行動。
 MP100を消費し、しかも戦いの歌と違い単体対象なのに、勝っているのは防御+2だけ。これも明らかに下位互換です。次のスキルへの踏み台と化しているのです。
 
 いいのでしょうか。このスキル達はこんな扱いで。さすがに不憫やと思います。
 戦いの歌での上昇値をもっと下げて、他のをもっと上げた方がいいのではないでしょうか。
 戦いの歌は、全能力値+8。賛歌は一つの能力値+20。プロテクションは+35。ぐらいで、どうでしょう。
 聖騎士の力等とのバランスも考えねばならないし、装備修正の変化によって変わった能力値の価値にあわせねばならないし、とバランス調整は難しいが。序盤において同数値でも価値の違う、防御と攻撃みたいなとこも悩ませます。
 
[PR]
by akuda | 2005-03-11 02:55 | スキル
<< 機械兵 武器の特徴 >>