世界の結果から

PT946
 珍しい雑魚戦での引き分け結果。
 バジリスクのスキル石化の視線では、喰らってから、受けた側が6回目の行動した時に完全に石化するようになっている。
 それから、石化した状態でも、自動回復は働くらしい。行動自体は出来るようだ。内容がキャンセルされるだけで。石化後、足を骨折したことで行動数が減っていることからも、実際に行動していることがわかる。

PT1584
 一戦目の終わりに、オンディーナさんが使い魔で最後の敵にとどめを刺したにも関わらず、その後にアイスウォールの詠唱を開始している。
 これはおそらく、最後の敵が倒された時点で即座に戦闘が終わるのではなく、「最後の敵が倒された時間枠が終了するまで戦闘は継続される」のだと思う。チェイン後の行動は、まったく同じ時間枠でやると思われるので、続いているのだ。
 古い結果だが、こちらでも、戦闘終了後に魔法が発動しているのは、偶然同じ時間枠内に、二人の魔法が重なってしまったせいではないだろうか。
 なぜこのような仕様になっているかというと、連撃系によるオーバーキルを活かすためだと思う。例えば、通常攻撃で敵を倒したの連続攻撃や、連撃系スキルなどは、途中で戦闘が終わるとオーバーキルが十分に出来ない。そのため、こういう形式になっているのではないだろうか。

 もっとも「バッシュII(最後の敵倒れ)→追加スキル発動」とかは見つけていないので、どこまでそうなのかは不明。
[PR]
by akuda | 2005-11-13 20:53 | 戦闘基礎
<< 製作系戦闘スキル 対話式でぐんぐん分かるDK3講... >>