新クラン案

 現在のところ、クランは存在する価値が薄い。
 そもそもクランとは、人斬りが自分と友好関係であるPTを斬らないようにするか、PKKが人斬りだけを狙って斬るためのシステムである。よって、一般市民にはほとんど用がない。
 しかし、別にクランを組まずとも、人斬りとその友好PTは場所を変えれば、誤って斬ることもないのだ。そして、DK3は場所が多く頻繁に動くゲームだ。
 よって、人斬りでもクランを組む意味は少ない。人斬りがクランを組まないなら、PKKもクランを使って狙い打ちが出来ない。
 要するに、クランを作るのは金の無駄、となってしまうのだ。

 クランシステムを意味あるするものにするには、もっと多くの「うまみ」を付加せねばいけないだろう。

 とりあえず、なにやらクランポイントなるものが存在しているようなので、これで「クランスキル」でも取得出来るようにしたら、どうだろうか。
 クランスキルとは、クランポイントがある程度溜まると、何種類かあるうちから選んで取得出来るスキルである。クランスキルはクランに所属している人間全てに影響がある。
 クランスキルには、装備型と常備型がある。装備型は他のスキル同様に装備出来るスキルだ。クランにいるメンバー全てが習得しているのと同じ状態になる。常備型は、CP0のPスキルと同じように、クランに所属しているだけで恩恵の得られるスキルである。
 
 ちなみに、クランスキルの獲得は、SPのような消費型ではなく、CPのようなキャパシティ型にする。そうしないと、クランポイントが下がる意味がないし、上位クランを蹴落とすことが出来ない。
 対人戦に負けると、クランポイントが下がって、それまで使えていたスキルが使えなくなるわけだ。
 
 このシステムを採用すると、どうなるか。たぶんクランは戦闘員たる人斬り或いはPKKだけで構成されることになるだろう。
 不用意に戦闘能力の低い鍛冶職の人間など入れて、うっかり斬られたのでは、せっかくのクランポイントが下がってしまう。そんなことをするより、純粋に戦闘員のみでクランを結成した方がいいのである。

 それだと、つまらないので、クランスキルは戦闘力強化スキルを極力避けて、鍛冶などの非戦闘員に役だったり、人数が多いほど強力になるスキルを取り入れるべきだろう。

 ひとまず、セイファーはクランポイント100ぐらいで、「自分達の町が作れる」というスキルが欲しい。習得すると、GMさんが町を作ってくれるのだ。手動で。
 クランメンバーが負けると、町は寂れる。
[PR]
by akuda | 2005-02-04 00:59 | 雑記
<< 新ギルド案 いよいよ本番 >>