新ギルド案

 クランシステムについて考えていた時に思いついたまったく別の意味合いを持ったクラン案。これをギルドシステムと名付けてみる。


・ギルドとは
 同業者組合のことです。ギルドに参加したキャラクターは、自分が得る経験値やシリーンをいくらかギルドに収める代わりに、ギルドが持つギルドスキルを使用することが出来るようになります。

・ギルドの設立
 ギルドの設立には5000sかかります。設立する際には、ギルドの名前、最初に持つギルドスキルを1つ決めて下さい。
 ギルド設立を行ったキャラクターは、以後ギルドのリーダーとなります。

・リーダーの選出 
 ギルドリーダーが、リーダーの引退を選択、キャラクターを削除、三週連続未登録のいずれかを行った場合、ギルドメンバーは継続登録で新しいギルドリーダーの選出を行うことが出来ます。またギルドメンバーの過半数がリーダーの再選出を選んだ場合も、リーダーの選出が行われます。
 ギルドメンバー一覧のなかから、新しいリーダーにふさわしいと思うキャラクターに投票してください。棄権することも可能です。投票数が一番多かったキャラクターが、新しいリーダーとなります。

・メンバーの勧誘・脱退
 ギルドにメンバーを勧誘するには、1000sかかります。勧誘される側は、継続登録で勧誘の承諾を行ってください。
 脱退する場合は、継続登録でギルドからの脱退を選んでください。

・メンバーからの徴収
 ギルドに所属しているキャラクターは、自分が得る経験値のなかから5%を自動的にギルドに収めます。この経験値はギルドスキルの取得に使われます。
 また、メンバーは自分の持っているシリーンを好きなだけギルドに寄付することも出来ます。
 このシリーンもギルドスキルの取得に使われます。

・ギルドスキルの取得
 メンバーから集めた経験値やシリーンは、ギルドポイントに変換されます。
 このギルドポイントを消費することで、ギルドスキルを取得することが出来ます。ギルドスキルの取得はギルドリーダーが行います。
 ギルドスキルは、ギルドメンバー全員が使用出来ます。

・ギルドスキルの破棄
 すでに取得したギルドスキルを破棄し、ギルドポイントを回収することが出来ます。
 回収出来るギルドポイントは、ギルドスキルを習得したときに消費したポイントの半分です。

・ギルドスキル紹介
「マーチャントコネクション」  市販品を安く買えるようになる
「仕入れルート」  街でジェネリックストーンを1000sで買えるようになる
「盗みのノウハウ」  スティールの成功率アップ
「神の加護」   回復魔法の回復量がアップ
「蓄積された知識」  知性が増加する
「狂戦士の儀式」    攻撃力が増加し、防御力が減少する
「トレジャーハンター」  宝箱を拾う確率が上昇する   
「演奏提携」   街に入った時、持っている歌系スキルの数に応じてシリーンを取得出来る
「人斬りギルド」  対人戦に勝利するとギルドポイントがアップ
「モンスターハンター」  ボスを倒すとギルドポイントがアップ



 今回のNGワード:どこかで見たことあるシステムだ。


 クランと違って、パーティ単位ではなくキャラクター単位の集まりであることに注意。
 ギルドスキルによって、低レベル帯が強化されすぎることを危惧する場合は、ギルドスキルにLvを設定して、そのLv以下のキャラクターはそのスキルを使えないと言う風にする。
[PR]
by akuda | 2005-02-07 05:10 | 雑記
<< 仕様変更 新クラン案 >>