精神型回復とMP型回復

 これまで、回復役といえば、MPに振り精神には全く振らない。というのが、大方の意見では、正しい道だったわけだが、今回の仕様変更で新しい道が生まれるかもしれない。
 
 回復役の能力を表す数値として「瞬間回復量」と「貯蔵回復量」、そして「持続回復量」というのがある。
 瞬間回復量とは、その人が単位時間あたりにどれだけの回復量を発揮出来るかという数値。簡単に言えば、使える回復魔法の最大回復値だ。機敏が高く敵の二倍速で行動出来るなら、二回分で計算してもいいが、そこまで早い人は滅多にいない。
 貯蔵回復量とは、その人が最大MP分のMPが切れるまでに、どれだけ回復出来るかという値だ。ちなみに、戦闘後自動回復出来る割合をかけた最大MPで計算したものは、平時貯蔵回復量といって、消耗無しに恒久的に使っていける回復量である。
 持続回復量というのは、少々特殊で精神集中を使用した時のみに使う。これはMPが切れた後の1ターン当たりの回復量平均だ。精神集中のMP回復量から何ターンに一回回復魔法が使えるかを出し、使う回復魔法の回復量を、そのターン数で割る。例えば、精神集中のMP回復量が40、マイナーヒールでの回復量が200だった場合、持続回復量は1ターンあたり80となる。

 さて。これまで精神型回復役は、この三つ全てでMP型回復役に負けていた。
 その理由は以下の通りだ。

・瞬間回復量
1.上位魔法の固定値の多さ
 マイナーヒールは「MP100」「100+精神÷2」、ライトヒールは「MP200」「400+精神÷2」である。瞬間回復量で勝つには、精神600が必要だ。
 精神600を上げるにはボーナスが30Lv分近く必要になるが、SPならばLv4分で足りる。
 ライトヒールの上のヒールになると、固定値が+800となり、到底精神だけでは追いつけない。
 このようなことから、精神を上げるより回復魔法のクラスを上げ、それをMP上げて補助する方が、手っ取り早く瞬間回復量を強化出来る。しかも、この固定値だけで大方の回復量をまかなえてしまうため、精神にまで振る必要はなかったのだ。

2.スキル「神学」の存在
 MPが足りないが瞬間回復量を上げないといけない状況になっても、神学を使えば回復量を上げることが出来る。
 特にこれは上位魔法ほど顕著で、ライトヒールなら神学一個を取得するだけで最低でも88、精神にして196に相当する回復量を得ることが出来る。マイナーヒールでも29、精神58程度は保証される。
 しかも、CP・SPともに、それほど高いわけではない。

 これらのことから、瞬間回復量がどうしても足りずに精神に振るということはSPがよほどない場合を除き無いといえる。


・貯蔵回復量
1.MPと回復量の上昇率差
 MPを成長させた場合、ボーナス25でMP100上昇する。これでマイナーヒールが一回使えるので、最低でも回復量が145増える。精神の場合は、12.5×回復回数なので、この数値を上回るには最低でも12回使わなければならない。
 そもそもマイナーヒールを12回使うにはある程度のMPが必要だ。精神のみに特化しても貯蔵回復量はあまり増えない。
 このことから、貯蔵回復量の面で見ても、MP型が勝っている場合が多い。


・持続回復量
1.精神集中のMP依存
 精神を増やすと、MP1あたりの回復量が増えるため、MP→回復量の変換効率が上がり、持続回復量は増える。
 しかし、これまでは精神集中はMP依存のMP回復だったため、MPを増やしても持続回復量が増えた。
 例えば、MP1000精神500の人と、MP2000精神100の人がいたとする。精神集中のIを使った場合、前者はマイナーヒールで持続回復175、ライトヒールで162.5。後者は、マイナーヒールで150、ライトヒールで225だ。
 このように、これまでは持続回復量でもMP型と精神型は、ほぼ同等、或いはスキルの差でMP型が勝っていたのだ。また、精神集中は貯蔵回復量にも影響するので、MP型が貯蔵回復量でも優位に立つ一因になっていた。


 しかし、今回の仕様変更で、この持続回復量でのパワーバランスが崩れた。
 例えば、精神集中のMP回復量は40で固定だ。前者はマイナーヒール140、ライトヒール130と、後者はマイナーヒール60、ライトヒール90と大きく落ち込む。
 精神集中がMP依存でなくなると、持続回復量では精神型がリードするのだ。
 この仕様変更によって、これまで三つの点全てで負けていた精神型が、少なくとも持続回復量では優位に立つことが出来るようになったのだ。また、状況次第では貯蔵回復量でも優位に立つことが出来るだろう。



 あ、さて。
 この持続回復量というのは、どういう時に使うのか。
 それはボス戦での長期戦時である。特にゴルダガーディアンに少人数で挑む時、重要になってくる。
 と、いうか、それ以外では使わない。
 そもそも、持続回復量というのは、MPを使い切ることを前提にしている。普通の回復役がMPを使い切るのは、10回ぐらいずっと回復魔法を使った後だ。通常戦闘ではまず無い。それに、通常戦闘でMPを使い切ってしまったら、次の戦闘ではMPが回復しきってない状態から始めることになる。同じ強さの敵が出る通常戦闘で、そんなことしていたら、まず死にかける。

 通常戦闘では、最初の攻撃を数回防ぐことの出来る瞬間回復量と、それを二戦持たせるだけの平時回復量が重要なのだ。
 この二つは、今回の仕様変更ではあまり影響を受けていない。

 と、いうことで。
 精神型回復役の道はまだ暗い。

追記メモ
[PR]
# by akuda | 2005-07-28 04:48 | 雑記

キャラ紹介  メイド特集

 いい加減、やさぐれ天使だの、アフリカ人だの、おじさまだのといったマイノリティでマニアック過ぎる趣味ばかり扱っていても、読者が偏るだけなので、ここらへんで執事好きとかよりも人口の多いメイド好きに焦点をあわせたキャラ紹介を行ってみます。
 

PT1331   ナチ子さん

 白い肌がステキな装甲擲弾メイドさんです。
 装甲擲弾兵というのは、戦車が組み込まれた軍隊に所属する歩兵などのことを言うのですが、ナチ子さんのPTには戦車はいないので、ここでは対戦車戦を想定した歩兵といった意味でしょう。
 バルバシア兵のなかには機械兵もいますので、対戦車戦を想定するのは悪いことじゃありません。

 対戦車といえば、ナチ子さんの持っている武器はパンツァーファウスト。現在世界で広く使われているRPG7の元となった兵器です。比較的ポピュラーな兵器なので、皆さんも目にしたことが多いかと思います。
 ナチ子さんの体型を考慮して、一番小さい初期型の「30クライン」かと思いましたが、弾頭の形からいうと後期型の「60」や「100」に近いですね。
 もっとも、戦闘中に何度も使用することを考えると、使い捨てである「100」以前のでは少し不便かもしれません。やはり、実用面から考えると、弾頭を取り替えることで再使用可能な「150」でしょうか。

 プロフィールを見ると、「年齢 ないしょですわ♪ 」「体重 ひみつですわ♪ 」「特技 家事全般 射撃」 と、女の子らしいことが書かれています。
 「好きな兵器」の項目は、もう明らかにドイツドイツしています。小銃は「モーゼルKar98k」とポピュラーなドイツの名小銃をチョイス。携帯火器に付いても、先ほど紹介したパンツァーファウストに、ドイツ兵といえばこれという「じゃがいも潰し」の愛称で知られる柄付き手榴弾。
 戦闘車両では「Ⅲ号突撃砲E型」と、やたら渋いところをチョイスしています。華々しい伝説を残すティーガーIなど目もくれず、三突です。戦車ですらなく、突撃砲。それもエレファントなどを無視しての三突です。しかも、E型とまで指定している。
 エース機よりも量産型を愛するという傾向がよく出ています。ドイツ戦車といえば、ティーガーとマウスしか知らないようなトンデモ兵器だけ読んで楽しむにわかミリタニーマニアを寄せ付けないチョイスと言えるでしょう。
 素晴らしいメイドさんです。


 ……余計マニアックになってしまった。
[PR]
# by akuda | 2005-07-26 05:03 | キャラ紹介

使い魔紹介

 プレイヤーからの要望によって誕生した使い魔召喚は、その能力の使いやすさからあちこちで使われるようになりました。それにともなって、使い魔の名前や設定も多様性を増し、もはやなにがなにやら分からない状況になってきています。
 今回はそんな使い魔達を紹介。


カトリの三味線
 
 カトリさんが持っている三味線です。勝手に演奏してくれるという優れものです。
 ただし、最近は三味線は自分で弾いて、使い魔は人魂がやっているようです。

坊や

 DK2時代から、ずっとヒエラルキーの最下段だったパシリのザク改さんが使い魔を使うようになるとは、時代の流れを感じさせます。

ヘパトス

 furulingさんの使い魔です。鍛冶の神ヘパイストスの子らしいですが、異様にツッコミが厳しいです。

「このドワーフ式軽度鍜冶修復術で例え見えない手紙の裏と言えども…それは関係ないかの」
「ナオルノカソレ」

「う~む、わしが使ってみようかの。いや、防御力が下がるか…難しいところじゃ。」
「ソウヒ゛シテモコウケ゛キハオレタ゛ケシ゛ャン」 

「これで最後じゃ、後生じゃから頼む…」
「ナンカナサケネーナ」

「ぱーてぃ資産じゃからして、誰が持っていても関係ないのじゃ。」
「カンリカ゛メント゛ウナタ゛ケタ゛ロ」


黒猫ポンちゃん
らまんぺ は 使い魔召喚 の使用を開始した!
  「ちょい、そこの猫、バイトしないかい?」

 野良猫らしい。


ヴィトンのバック
ルイ=ベルサーチ は 使い魔召喚 の使用を開始した!
  「憧れのブランド」

 ブランド品らしい。


ミッドナイト・レディオ

 カマロさんが召喚する使い魔です。
 これについては枝路地の宿屋にある四方山話でキャラ設定が公開されています。

 それは使い魔じゃない。

morris
サーノ・カーヴァ・ピガルボ は 使い魔召喚 の使用を開始した!
  「使い魔っちゅーか、ギターなんやけどね。」

 ぶっちゃけた。
[PR]
# by akuda | 2005-07-24 23:10 | キャラ紹介

キャラ紹介  おじさま特集

 冒険者の年齢を調べると、圧倒的に20歳前後が多くなっています。かなり圧倒的に。
 しかし、そんな若者達に紛れて戦うおじさま方がいます。むしろ、おじいちゃんと呼んだ方が正しいのではないかと思える年齢になりながらも、肉体的にきつい冒険者という職業に留まって戦い続けるおじさま方を、今回はご紹介します。

PT205  ヴォクシーさん

 ヴォクシーさんです。絵を見ると、一発で名前の由来がわかるというステキな方です。むしろ、キャラの全てが名前で表現出来るかもしれません。
 最近ヒゲが生えて、一段とダンディーになりました。

  「居眠りなんぞしておりませんぞムニャムニャ…。」

 だけど、ボケはベタに決めます。


PT21  ヴォルダインさん

 シルクハットでおしゃれに決めた元執事さんです。元執事だけあって、防御特化で壁をやったり、鍛冶をやったり、回復役も兼ねたり、と、裏からPTを支えています。あくまで後ろから味方を支えるという裏方精神こそ執事に必要なものです。
 隊列は前衛だけど。
 
 ヴォルダイン は マイナーヒール を唱えた!
ヴォルダインは懐から桜の花弁を取り出しヴォルダインに向かって舞い散らした!桜の甘い芳香がヴォルダインを包み込む!

 あと、わりと目立つ。

  「心頭を滅却すれば、火もまた涼し・・・」
 心頭というか、所持属性が土なので、火耐性。


PT1613  チャウ・ヤーンさん

 老いてますます盛んなおじさまです。

「精神集中! おりゃー! (ディーナ嬢の胸元をみながら」  684.1
「もんもんもんもんもん………」                   684.2

 老いてますます盛んです。


PT1447  藤九郎さん

 独身老人の一人暮らしです。たぶん独身です。
 よくぼそぼそと仮面に対して語りかけたりしているようです。やはり、一人暮らしは寂しいのでしょう。
 
藤九郎はちゃぶ台を蹴飛ばした!

 「む……、茶は冷めてしまったか……。」
 
 ちゃぶ台をひっくり返しています。なんとも昔気質な怒り方です。
 しかし、茶はちゃぶ台から除けておいたようです。やはり、ちゃぶ台をひっくり返すという行為は、あくまで怒りの表現の一環であって、茶を犠牲にする必要はないということなのでしょう。
 怒りにまかせて行動しても、損するのは自分。怒るにしても、色々と気を遣わなければいけないということでしょう。
[PR]
# by akuda | 2005-07-24 08:22 | キャラ紹介

人気の出るサイトの作り方

1.宣伝する

c0020580_146882.jpg


 まずは宣伝すると同時に自分の得意分野で能力を発揮するなどして、人々の注目を集めましょう。なによりもまずサイトを見てもらうことが大切です。


2.秘訣を教える

c0020580_1345578.jpg

 自分のサイトでしか手に入らない情報やサービスを提供しましょう。他のサイトでも手に入るものではダメです。オンリーワンを目指しましょう。


3.さりげなく話題をすり替える

c0020580_235052.jpg

 一つの話題だけで持ちそうにない時には、さりげなく話題を変えましょう。
 どれだけボクシングの話で盛り上がっていても気にせずに、どこにあったのかわからないバッグに手を伸ばすことの出来る話術とタイミングの良さが重要です。


4.新しい企画を出す

c0020580_26203.jpg


 サイトに注目が集まっているうちに、立て続けに新しい企画を出しましょう。そのうち人気のあるものを残していくことで、広い層に長く受けるようになります。


5.実用性をアピールする

c0020580_29288.jpg

 情報は基礎だけではなく、応用も教えることで、より役に立つことをアピールします。
 情報でなくても、様々な手段でサイトを見ることが実益に繋がることをアピールしましょう。


・まとめ

c0020580_2305616.jpg


 自分の能力をうまく見せること。
 読者が得になるようなサービスを提供すること。
 この二つが大切です。
[PR]
# by akuda | 2005-07-20 01:50 | 雑記

嘘FAQ


PKってなんですか?
 従来あった嫌がられる職業の3K(汚い、きつい、危険)が変化したもの。
 P(パンチパーマ)K(休日出勤)の二つ。
 昔あった「パンチパーマ=男らしい、仏様の髪型」といったイメージが時代と共に「パンチパーマ=ネタキャラ」となってしまったため、パンチパーマにならねばならない職業は嫌われるようになった。
 また、昔と違い、自分の時間を大切にするようになったため、危険、汚いなどがあっても休日出勤があるよりはましだという認識が広まっている。むしろ、刺激の少ない都市生活において、危険にあうことや汚れることは数少ない非日常感を感じることの出来る場だとして人気が高まっている職業もある。


PKKってなんですか?
 P(パンチパーマ)K(休日出勤)に、K(クマ)が加わったもの。
 「森のクマさん」などの童謡を聞くことが少なくなった現代では、若者のクマへの恐怖心が大きくなっており、町中でも鈴を身につけて歩く、歌を歌いながら歩く、とうがらしスプレーを携帯するなどの防護策を取っているものが多い。
 クマにあった時の正しい対策法が広がるといった良い面もあるが、猟友会に若者を中心としたクマ撲滅派が生まれるなど、恐怖心だけが大きく広まっている。
 このため、多くの若者はクマに会うことのある職業を嫌うようになっている。


他の連撃系は全部個別の名前なのに、なんで乱れ斬りIIだけ、IIが付いてるんですか?
 五月雨斬りにしようと思ったけど、ドラクエで同じ名前のわざが使われていたからイヤになってやめた。


ファーサの上位スキルを教えてください。
 ファーサ → ファーサラ → ファーサガ → ファーサジャ


アクババってどんなモンスターなんですか?
 アクババは九州熊本地方に伝わる妖怪です。漢字では悪婆と書きます。
 人気のない道を歩いていると、道路脇からうめき声が聞こえてきます。旅人が何事かと見てみると、そこには一人の老婆(悪婆)が苦しそうにうずくまっていました。旅人が大丈夫かと声をかけると、老婆は途切れ途切れに近くに住んでいることや、近くに知り合いの医者がいること、そこに連れて行って欲しいことを話します。旅人が親切心で老婆を背負って歩き出すと、近いはずの医者の家をまだ先だまだ先だといって、ずっと歩かせ、歩き疲れてへとへとになったところで、旅人の財布や荷物を取って逃げるという妖怪です。
 最近では実際にそのようにして生計を立てていた老婆が同地方にいたのではないかという説が出ています。


DKは何でハナゲに拘ってるんでしょうか?
 DKのGMである潤さんが生まれたのはタクラマカン砂漠南に位置するチャルチャンという都市です。シルクロードの宿場町として栄えたこの都市は、近くに砂漠があることもあり、常に砂埃が舞っていました。砂埃が鼻に入るのを防ぐために、この都市に住む人々は皆ハナゲがよく伸びました。また、昔からの風習でハナゲがよく伸びた人がモテる傾向もあったようです。
 潤さんが3歳の時に父親が亡くなったため、母型の実家がある日本に越してきましたが、潤さんはいつも母親から父が勇ましい人間であったこと、父のハナゲが立派であったことを聞かされていたといいます。そのため、潤さんは今でも父の偉大さと共にハナゲのことを思い出し、その思いを残すためにハナゲソルジャーという偉大なハナゲを持つキャラを作っているそうです。


キング・オベロンはカタコンベで何やってんでしょう?
 戦っています。
 オベロンはティターニアの初代王ですが、あんな手入れの出来ていない墓地にいることからわかるように、あんまり良い王様ではありませんでした。自分はよかれと思ってやっていることでも、なぜか良くない方向へ向かってしまうのです。
 みんなをまとめて国を作ったのはいいものの、国王として何かをしようとすると失敗するので、官僚が全部やって、王は閑職という役回りになりました。けれども、それでも何かをやろうとするので、適当に理由を付けて地下墓地の墓守をさせました。島流しみたいなもんです。
 オベロンはそこでティターニアを侵攻しようとする敵をやっつけようと頑張っているのですが、実のところ同盟側のディアス兵を倒しています。あまり役に立ちません。


DKってなんですか?
 どこ(D)ここ(K)の略です。現在地を訪ねる時などに使います。
 また、WD(私は誰)とあわせて使うことで、記憶喪失であることを明言出来ます。
[PR]
# by akuda | 2005-07-19 02:58 | 雑記

受動的防御と能動的防御 

 一般的に防御を固めるというと、防御にボーナスを振る、回復魔法の威力を上げる、属性を変更する等が上げられる。これらの攻撃を受けた時の被害を軽減することを目的とした防御方法を、受動的防御と呼ぶ。今さっき、そう決めた。
 防御方法には、この受動的防御の他にも能動的防御というものがある。
 受動的防御が「攻撃を受けた時のダメージを軽減する」のに対して、能動的防御は「攻撃をと止める」のが目的の防御方法だ。
 主な能動的防御の例としては、静寂を付加して魔法を止める、麻痺を付加して行動自体を止める、シャドウバインドで行動を遅延させる、復讐の凱歌を使う、などだ。
 能動的防御が必要となってくる場面、それは強力なスキルが使用される場面である。その最たる例が、対人戦における魔法だろう。

 魔法はダメージが大きく、属性以外では軽減しづらい。しかし、詠唱中断があるため、受動的防御よりも能動的防御が有利になっている。
 相手の魔法を如何に潰すかという能動的防御が対人戦では鍵になってくるわけだ。
 
 しかし、能動的防御が必要になってくるのは、対人戦だけではない。ボス戦、後半のモンスター戦においても、能動的防御は欠かせないものである。
 例えば、ゴルダガーディアン戦のグラビティキャノンは、多くの場合受動的防御では防げないし、能動的防御を行う方が効率が良い。ヴェーラス湿地帯以降に出てくる全体魔法も止めるのと止めないとでは、ダメージに大きな差が出てくる。
 このように、能動的防御によってダメージを減らすことは後半になってくるほど、スキルが強力になってくるほど重要になってくる。

 能動的防御を行うには、きっちりとした計画を立てることが重要である。
 能動的防御を行う手順は以下の通り。

1.敵の能力を調べて相手の行動予測を立てる
2.相手にあわせたスキルを用意
3.機敏調整を行って、スキルを使用

 使うスキルは封魔の狂想曲やトルネードパンチとった必要SPの多いものが主になるし、機敏調整もすぐに出来るものではない。
 能動的防御を行う場合には、計画性が大事である。特に歌系のスキルを取る際には、行き先のモンスター表と相談しながら取るべきだろう。
[PR]
# by akuda | 2005-07-15 21:25 | 雑記

超絶スキルコンボ集 ~スキルマスターへの道

 こういうスキルのコンボ集というのは、どちらかといえばゲームを始めてしばらく経ち、スキルリストなんかを見たりするようになった人向け、つまり初級者から中級者向けの記事である。
 こういった記事は大切で、ただバラバラに存在しているスキルのなかからスキルを取り出し、それらを組み合わせることで大きな効果を生み出すことが出来るという「組み合わせる楽しさ」というのを教えることが出来るのだ。
 こういったスキル同士の相互関係。そして、スキルとステータスの相互関係を一つ一つ考察していくことが戦術を作る基礎となる。


 が、ここは本家リンクにも登録していない玄人向けサイトである。自分が見ていて心躍らないようなコンボは載せない。つまり、明らかに強いコンボは無視する。そして、強いかどうかわからない変なコンボを載せる。当然の如く。

 と、いうことで、様々な思いつきコンボやマイナーコンボを紹介する。


1.マジックシールド+サクリファイス   総SP12   合計CP5

 まずはオーソドックなコンボから。精神切腹コンボ。
 サクリファイスは最大HP半分のダメージを自分に与え、そのダメージを自分以外の味方に等分して分け与えるというスキルである。数少ない全体回復の一つだ。全体攻撃が来る場面で使えば、
 普通に使うと、いきなり最大HPの50%ものダメージを受けて死にそうになるところを、マジックシールドでカバーするというものだ。むしろ、カバーしないと、かなり痛い。1ターン麻痺などで1ターン目が飛ばされて、サクリファイスだけが発動すると死に目を見る。
 最大HPが高いほど効果が高いので、基本的に前衛壁が行う。


2.ディフェンダー+身構える   総SP11  合計CP6

 ディフェンダーほどチェインが付いていて嬉しくないスキルはない。正直チェイン要らない。本質的にデメリットだ。
 マイティならば、直後に攻撃が出来るため素早く効果を活かせるが、ディフェンダーが効果を発揮するのは相手から攻撃を受けた時。自分が攻撃した時ではない。
 なので、このチェインは基本的に効果時間を1ターン減らしているようなものである。これがシールディングならば5ターンも効果時間があるので気にならないが、ディフェンダーは2ターンしかない。なんで効果時間を半減されなきゃいけないんだ。
 と、いうわけで、そんな効果時間を無理矢理伸ばすために身構えるの自行動遅延とのコンボを使う。むしろ、これぐらいしないとディフェンダーは使えない。防御上昇量が半分しかない上にMP消費するディヴァインシールドにだって効果時間が3倍あることで負けそうだ。
 パワーストライクなどのディレイを利用してもいいが、ディフェンダー使うのは壁だけだと思うので、こっちが効率的。
 ディフェンダーを使う人には必修のコンボ。


3.ミラーコーティング+ラストアーク    総SP38   合計CP9

 物理反射にしろ魔法反射にしろ、反射するスキルというのは、大抵「自分が受けるはずだったダメージをそのまま返す」といった形になっている。つまり、参照するのは攻撃者ではなく反射者の防御。
 ということで、自ら積極的に防御を下げて反射てダメージを上げるコンボ。全て同じツリーで手に入るお手軽コンボだ。
 ミラーコーティングが効果時間のあるものだった場合、ラストアークの待機時間上昇によって効果時間もアップするぞ。
 他の反射系スキルでも代用出来る。
 ちなみに、元の防御力を上げれば上げるほど、ラストアーク時の防御は下がる。ガンガン上げよう。


4.リミッターカット+ラストアーク    総SP38   合計CP9

 上のコンボとは逆を行くコンボだ。
 ラストアーク時は防御と魔法防御の符号が反転する。そのため、元の防御が高いほどラストアーク時の防御は下がるわけだが、その逆も真なり。元の防御が低ければ低いほど、ラストアーク時の防御は高くなる。
 むしろ、元の数値をマイナスまで持っていけば、本当に増加したりするのだ。
 と、いうわけで、むしろガンガン防御と魔法防御を下げてラストアークを使うのが、このコンボ。
 防具なんか要らないぜぐらいの勢いでいけ。


5.狂戦士の力IV++構える+飛び込み斬り+チャージ+ランプロス+ウォークライIV+マイティIV+ラストアーク   
  総SP147 合計CP26  


 よく最大ダメージ出せるチェインということで、ラストアークと構える系を使ったチェインがあちこちに載っているが、みんな大事なスキルを忘れている。
 ランプロスだ。
 チェイン付きで味方単体のCPを回復させるこのスキルを使うことによって、チェインに組み込めるスキルの量が飛躍的に伸びる。

 狂戦士の力IV+構える+飛び込み斬り+チャージと使うと、CPを12消費する。そこでランプロスだ。余ったCP2を使って自分のCPを回復する。ここではCPが11ぐらい回復することとする。むしろ、当然の如く11回復する。おまけで15回復してもいいぐらいだ。
 CPが12まで回復したので、さらに続けてスキルを使える。
 ウォークライIV+マイティIV+ラストアークでCP12を消費。合計26CPを使い、攻撃推定+1200、倍率10.125のダメージを叩き出すことが出来る。
 
 瞬発的なダメージよりも合計ダメージを望むなら、ウォークライをバッシュに差し替えて再度組み立てること。

 このチェインコンボを成立するために必要なものは以下の三つである。

1.構える、飛び込み斬り、チャージは重複すると信じる少年の心
2.ランプロスはCPが11以上回復すると信じる少女の心
3.Lv107になるまでゲームが続くと信じる乙女の心

 これら全てを手に入れた時、このチェインコンボは成立する。君の心の中で。
[PR]
# by akuda | 2005-07-09 17:40 | スキル

ビジネスライク冒険者

 通貨の考察をしていて、気付いたのだが、冒険者というのはなかなかいい職業だ。

 農村部での生活が苦しくなったら、都会に出てきてしばらく冒険者をするというのもありだろう。少し危険な仕事だが、飯は喰わしてもらえるし、装備も1000s内で支給してくれる。1000sは持ち逃げさげないように、装備にしか使えないが。
 エレミア平原にいれば、あんまり負けることはないし、慣れてくれれば狩猟や装備解除で収入アップ。好きな時に、ゴルダ鉱山へ行って収入をアップさせることも出来る。そうすれば、ちょっとした工場で働くぐらいは儲かる。
 ただの日雇い労働者というわけでなくて、職を手に付けることも出来る。キャスティングを覚えれば、即座に金になるし、製作で鍛冶屋、マイナーヒールで医者なんかにもなれる。ある程度稼いで、なにか覚えたら何か理由を付けて田舎に帰るのもいいだろう。

 つまり、ちょっとした金が目的の季節労働者的な冒険者が取る行動は以下のような感じだ。

   故郷での仕事がなくなる
          ↓
      冒険者登録する
          ↓
  エレミア平原で3ヶ月ぐらい戦う
          ↓
 簡単なスキルを覚えたら故郷に帰る

 これで一冬の食料と、ちょっとしたお金が手に入る。覚えた技能を使えば、故郷で役立つことも出来るだろう。
 
 もっとしっかりと、冒険者を職業にする人間なら、以下のような感じだろう。

       金がなくなる    
          ↓
      冒険者登録する
          ↓
   エレミア平原で6ヶ月ぐらい戦う
          ↓
  もっと金が欲しくなったらゴルダ山脈へ
          ↓
 もっと金が欲しくなったら装備解除でも覚える
          ↓
  たまに街にいって酒買って楽しむ

 新大陸なんて危ないから基本的に行かない。経験値が入らなくても、金さえあればいいので、構わない。スキルも戦闘用より金稼ぎや後で役に立つ能力に特化。日々軍支給の食料で暮らしながら、酒買う金を稼ぎつつ、拾った宝箱を開けて一攫千金を夢見る。
 もちろん一攫千金を実現したり、ある程度のスキルを手に入れたら、冒険者なんかやめて故郷なりディアスなりに行く。無理に冒険者を続ける必要などないのだ。
 一般的な冒険者というのは、そういう職ではないだろうか。下積みとしては、給料も貰えるし、飯も喰わしてくれると、結構好条件だ。


 まぁ、とはいえ、戦いに抵抗を覚える人もいるし、痛いのがイヤな人もいるだろう。野宿なんかもしなきゃいけないかもしれない。
 そこら辺の労働環境の悪さが、この職業の難点か。
[PR]
# by akuda | 2005-07-04 05:44 | 世界

キャスティングに見るシリーン通貨

 684年11月のPT675でキャスティングが二回使われている。結果は二回とも金塊。
 一人あたり152~274sを拾っている。

 オープンテストでのキャスティング結果は、今のところ、これ一つしかないがクローズテストでは何回か使われたらしい。友人が、そのデータをくれた。以下がそのデータである

・出現回数
銅貨:1
銀貨:3
金貨:4
金塊:4
破滅の扉:1

・一人あたりの取得金
銅貨:2~30s
銀貨:7~80s
金貨:120~130s
金塊:200~220s

(クローズテストデータ)


 さて、これで色々な事実が明らかになる。
 シリーンの通貨には、銅貨・銀貨・金貨が存在するということだ。また、金塊がそのままシリーンに換算されているところを見ると、金本位制度が採用されていそうである。金本位制度とは、その国の貨幣が、金の一定量の等価関係になっている成り立っている貨幣制度のことだ。
 しかし、銀行券や紙幣が落ちてこないのを見ると、金本位制度というより、むしろ金属そのものが通貨として使用されている可能性もある。
 まぁ、どちらにしても、金とシリーン通貨が等価関係にあることには違いない。

 さて、では、金1gあたり、どれぐらいの値段なのか。
 こちらの世界にある昔の金貨を見てみると、重さは大体8g~3.5g程度だったようだ。ここでは、ひとまず金貨1個5gと仮定する。
 一回のキャスティングで落ちてくる金貨の数だが、さすがに一個は寂しい。落ちてくる価格に幅があることを考えると、落ちてくる数や金貨の重さ(大きく削れてたりすると値段は下がる)が違ってきているのだろう。と、いうことで、一人あたりの価格を100~150s、落ちてくる数を2~3個としてみる。これなら、6人PTで15個ぐらい拾える。見た目的に一攫千金なイメージはないが、そういう魔法なので、いいだろう。
 さて、これから考えると、最大値の150s÷15g=10で、金1g=10sとなる。10000s=1kgである。

 これで換算すると、所持金覇者のレーティアさんは約83kgの金を持っていることになる。銀や銅も混じっていると、もっと重い。とてもじゃないが、冒険には出られないだろう。危ないとかではなく、重さで。
 


 こちらの世界でシャーロックホームズの時代。まだ金本位制度だったイギリスでの工員の年収は、20~50ポンドだったらしい。1ポンドが7.99gのソヴリン金貨と等価だから、159.8g~399.5gの金で、一年間普通に暮らせることになる。
 DK3世界でいうと、1598~3995s。一番上の3995sならば、かなり裕福な方だ。
 この当時のイギリスは、上下の差が激しいので下の方だと年収5ポンドとかで暮らしてる人もいた。約400sである。

 DK3の冒険者の生活を見ると、平均月収66.6sのエレミア平原でくすぶっていても、年収800s程度。ゴルダ山脈なら、倍近くの1600sになる。これに+宝箱なんかで、もう少し増える。餓死した人がほとんどいないのを見ると、軍からある程度食料でも貰っているのだろう。賄い付きで、この年収は結構多い。
 この金本位制度下のイギリスよりも、金とシリーンの価値はもう少し低いぐらいだろうか。



 さて。
 ちなみに、こちらの世界では、大体二度、大きく金の値段が下がった時期がある。一つは大航海時代が始まって新大陸から金が流れてきたヨーロッパ。そして、もう一つは、ここ一世紀ぐらいだ。流通、採掘技術ともに急速に発達したため、今人間が持ってる金の94%は、この一世紀の間に掘り起こされた。
 で、現在日本では金1g=1400円ぐらいらしい。金貨一個9000円。キャスティング一回約25000円。
 なんで私は金魔法使いにならなかったんだろう。キャスティング四回も使えば、結構豪華な生活が出来るのに。液晶テレビだって買えるのに。とか思ってしまう。
 そういう輩には、きっと破滅の扉が降ってくるのだろう。


・参考資料
「コインの散歩道」
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/
[PR]
# by akuda | 2005-07-04 04:47 | 世界